公立中学校の教育費はいくら必要?公立小学校と比較してみました

シェアする

文部科学省の最新統計(平成28年度)『子供の学習費調査』によると、公立中学校の場合、かかる教育費は、

年額478,554円、月平均39,880円です。

義務教育なのに、教育費が高い理由

教育費に月4万円。。。けっこう痛い金額です。

内訳を調べてみると、、

・学校教育費:学校教育を受ける為の費用(教材費、修学旅行代、部活代等含む)

→133,640円(11,136円/月)

給食費

→43,750円(3,646円/月)

・学校外活動費:習い事関連

→301,184円(25,099円/月)

学校関連だけだと、年額177,390円、月平均14,783円

塾やスポーツなどの習い事関連が金額を釣り上げていました。全体の6割強を占めています。

習い事次第で、教育費を抑えることが可能ですね。

学年別ではいくらかかる?

学年別の年間教育費の内訳は、

教育費内訳(公立中学校)

平成28年度 統計『子供の学習費調査』参照

学校関連は入学準備品の購入がある為、1年生が一番高いです。

制服代(夏服、冬服あり)がかなり高額になるようですね。

学校によっては通学用の自転車も必要になってきます。

習い事の費用(学校外活動費)は3年生が一番高く、教育費合計でも3年生はトップです。

小学校時代と比べて、学校にかかるお金はいくら増える?

「学校教育を受ける為の費用(学校教育費)」が小学校時代からどのくらい増えるのか、比較してみました。

小中学校教育費比較(公立)

平成28年度 統計『子供の学習費調査』参照 (年額)

小学校時代と比べて、合計金額が倍以上ですね。

全ての項目について増えていますが、特に増えるのが教科外活動費。部活代や修学旅行・林間学校の準備物代もこれに含まれています。あとは通学関係費(制服やかばんの購入代、自転車購入代など)も高い。これらで5割近く占めています。

修学旅行・遠足・見学費(学校に払うお金のみの金額。例えば、修学旅行用のかばんを買った場合は教科外活動費に計上。)も伸び率としては大きいですね。

習い事の費用って?

習い事の費用(学校外活動費)は大きく2種類に分かれています。

補助学習費

勉強系の習い事(塾、通信教育、家庭教師)

その他の学校外活動費

→スポーツやピアノなど勉強系以外の習い事や教養活動。そろばん、習字、英語教室はこちらに含まれます。キャンプなどの野外活動、博物館や水族館などの入園料も。教養をはぐぐむことだからのようですね。

教育費内訳(公立中学校)

平成28年度 男女別・学年別学校外活動費(円,%)

中3になると、塾代、通信学習費、家庭教師代等、勉強に関する費用がぐっとかかってきますね。公立小6年と比較すると3倍近くです。月平均、約3万円。

まとめ

義務教育とはいえ、小学校時代に比べたら全てにおいて出費が大きいですね。

成長期真っただ中なので、食費もぐんと上がり、

女の子だと特に、洋服代もかかってきます。

高校受験のため、塾代もうなぎのぼりに上がっていきますね。

とはいえ、月々の生活費からまかなう範囲でないと後々が苦しくなってきますので、計画的に使っていきましょう。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする