私立中学校の教育費はいくら必要?公立中学校と比較してみました

シェアする

文部科学省の最新統計(平成28年度)『子供の学習費調査』によると、私立中学校の場合、かかる教育費は、

年額1,326,933円、月平均110,578円です。

習い事にかかる費用が公立中学校よりも多い!?

教育費で月11万円越え。公立中学校の約2.8倍です(公立中学校は39,880/月)。

内訳を調べてみると、、

・学校教育費:学校教育を受ける為の費用(教材費、修学旅行代、部活代等含む)

→997,435円(83,120円/月)

給食費

→8,566円(714円/月)

・学校外活動費:習い事関連

→320,932円(26,744円/月)

学校関連のみで、年額1,006,001円、月平均83,833円

学校関連の出費が公立中学校よりも多いのは予想できましたが、習い事関連も若干ですが多いのは予想外でした。(公立中学校の習い事関連:25,099円/月)

学校への出費が多いのに、習い事にもお金がかかるとは。。。

文部科学省の最新統計(平成28年度)『子供の学習費調査』によると、公立中学校の場合、かかる教育費は、 年額478,554円、月平均39...

学年別ではいくらかかる?

学年別の年間教育費の内訳は、

平成28年度 統計『子供の学習費調査』参照

学校関連は入学準備品の購入がある為、1年生が一番高い。教育費合計でもトップです。

入学金、寄付金、制服代(夏服、冬服)やかばんなど、まとまったお金が必要ですね。

習い事の費用(学校外活動費)は3年生が一番高いです。

公立中学校と比較してみる【学校関連編】

「学校教育を受ける為の費用(学校教育費)」について、公立中学校と比較してみました。

学校教育費の支出構成(公立&私立中学校)

平成28年度 統計『子供の学習費調査』参照 (年額)

合計金額が約7.5倍

全ての項目について多いですが、特に多いのが授業料、学校納付金(入学金や寄付金等)。通学関係費(制服やかばんの購入代、通学定期代など)も高いですね。

公立中学校と比較してみる【習い事編】

習い事の費用(学校外活動費)は大きく2種類に分かれています。

補助学習費

勉強系の習い事(塾、通信教育、家庭教師)

その他の学校外活動費

→スポーツやピアノなど勉強系以外の習い事や教養活動。そろばん、習字、英語教室はこちらに含まれます。キャンプなどの野外活動、博物館や水族館などの入園料も。教養をはぐぐむことだからのようですね。

男女別・学年別学校外活動費(公立&私立中学校)

平成28年度 男女別・学年別学校外活動費(円,%)

3年間の平均は公立中学校よりも高いですが、中3の1年間は低くなっています。

高校受験に向けての勉強系習い事が必要ないからですね。

私立中学校によって、学校以外でどの程度勉強のフォローが必要か違ってくるので、通いたい学校の傾向について、事前確認をしっかりしておく必要があります。

学校の勉強をやっておけば大丈夫なのか、別途塾に通う必要があるのか。

それによって習い事の費用が違ってきますよね。

勉強系以外の習い事は、3年間通して公立中学校よりもお金をかける傾向に。

文部科学省の最新統計(平成28年度)『子供の学習費調査』によると、公立中学校の場合、かかる教育費は、 年額478,554円、月平均39...

まとめ

私立中学校は学費だけではなく、習い事の費用も公立中学校以上にかかります。

また、中学受験の為にかかる塾代等もかなりの金額になってきます。

費用対効果が十分なものなのか、また、高校・大学で教育費が足らなくなってしまわないか、十分に検討が必要ですね。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする