私立高校の教育費はいくら必要?公立高校と比較してみました

シェアする

文部科学省の最新統計(平成28年度)『子供の学習費調査』によると、私立高校の場合、かかる教育費は、

年額1,040,168円、月平均86,681円です。

私立高校は、公立高校の約2.3倍の教育費が必要。習い事にかかる費用も私立高校の方が多い。

公立高校の教育費は、年額450,862円、月平均37,572円。

私立高校に通うことになると、公立高校と比べて約2.3倍の教育費がかかってきます。

私立高校の教育費内訳を見てみましょう。

・学校教育費:学校教育を受ける為の費用(教材費、修学旅行代、部活代等含む)

→755,101円(62,925円/月)

・学校外活動費:習い事関連

→285,067円(23,756円/月)

学校教育を受ける為の費用は、公立高校の約2.7倍

習い事関連は、約1.6倍

習い事関連も、公立高校よりお金がかかる結果になっています。

文部科学省の最新統計(平成28年度)『子供の学習費調査』によると、公立高校の場合、かかる教育費は、 年額450,862円、月平均37,...

学年別ではいくらかかる?

学年別の年間教育費の内訳は、

http://ddstylee.com

平成28年度 統計『子供の学習費調査』参照

学校関連は入学準備品の購入がある為、1年生が一番高い。教育費合計でもトップです。

入学金、寄付金、制服代(夏服、冬服)やかばんなど、まとまったお金が必要ですね。

習い事の費用(学校外活動費)は3年生が一番高いです。

公立高校と詳細項目を比較してみる【学校関連編】

「学校教育を受ける為の費用(学校教育費)」について、公立高校と比較してみました。

学校教育費比較(公立高校&私立高校)

平成28年度 統計『子供の学習費調査』参照 (年額)

合計金額が約2.7倍

全ての項目について多いですが、特に多いのが授業料、学校納付金(入学金や寄付金等)。通学関係費(制服やかばんの購入代、通学定期代など)もやや高いですね。

公立高校と比較してみる【習い事編】

習い事の費用(学校外活動費)は大きく2種類に分かれています。

補助学習費

勉強系の習い事(塾、通信教育、家庭教師)

その他の学校外活動費

→スポーツやピアノなど勉強系以外の習い事や教養活動。そろばん、習字、英語教室はこちらに含まれます。キャンプなどの野外活動、博物館や水族館などの入園料も。教養をはぐぐむことだからのようですね。

男女別・学年別学校外活動費(公立&私立高校)

平成28年度 男女別・学年別学校外活動費(円,%)

習い事に対し、3年間通して公立高校よりもお金をかける傾向があります。

私立高校は、勉強面でも学校の面倒見が良いので塾に行く必要がない場合もありますが、

私立高校在学で、塾代の出費がある家庭は43.6%。出費がある場合の平均額は年間394,000円にものぼります。進学予定先の学校の実情をよく調べてみる必要がありますね。

まとめ

私立高校は公立高校に比べて2倍以上教育費がかかります。お金を考えると親としては公立を望みたいですが、本人の希望や状況によって私立に通うことも想定して準備をしていきましょう。

また、私立高校は進学先によって教育費の開きが大きいです。学費以外にも、塾に通う必要があるかどうか(授業についていく為に必要なのか、大学受験の為に必要なのか、等)によって大きく違ってきます。事前によく調べておきましょう。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする