読み聞かせに使える図鑑!幼児から楽しめる「なぜ?の図鑑」がおもしろい

シェアする

なぜ?の図鑑

絵本の読み聞かせってなんか苦手。なんとなく、気が進まない。。

そう思っているパパさんママさん、けっこういるんじゃないでしょうか。

理由としては、

・子供が勝手にページをめくったり遊び始めたりして、ちゃんと読めないからイラっとする

・面倒だけど義務感で読もうとしている

・そもそも自分自身に読書習慣がないので本を読むことが苦痛

などなど。

つまり、読み手のあなたが楽しめてないからなんですよね。

それなら楽しんじゃおう!ということで、図鑑なら興味持てるかな、という人におススメの読み聞かせに使える図鑑「なぜ?の図鑑」シリーズを紹介したいと思います。

【関連記事】

読み聞かせをやっていなかったら、子供自身も絵本がそんなに好きじゃなくなり、読んでほしいと言わなくなってしまった結果。。。

我が家には、小1の娘と年少の息子がいます。 仕事をしていて時間がないので、平日は最低限のことしかできない!という言い訳をしながら、家庭...

子供の「なんで?」に答える図鑑。

子供って「なんでなんで?どうして?」と、しつこく聞いてきますよね。好奇心のかたまりで色んなことに興味しんしん。

この「なぜ?の図鑑」は、普段から子供が不思議に思っていることについて、解説してくれる図鑑なんです。

図鑑ページ2

このように、見開きで左上に疑問点、その解答が右上にあり、一問一答形式で構成されています。

このページの場合、

疑問:「なぜウサギの耳は長いの?」

解答:「小さな音をよく聞きとるため!」

となっていて、この見開きページが何について書かれているのかがとてもわかりやすい。

また、図鑑らしく、たくさんの写真やイラストを使いながら詳しい解説も書かれています。

普段から興味を持っていることについて、疑問→答え→解説、という流れで読み聞かせをすることで、集中して聞くことができるのか、我が家のやんちゃ息子(年少)も大人しく聞いていますよ。

また、見開き1ページで完結しているので、その時々で読むボリュームを調整しやすくなっているのも便利です。

使っていることばが簡単なので、幼児でも理解できる文章が便利。

図鑑は、大人は理解できるけど子供にとっては難しい言葉で書かれていることが多いです。なので、図鑑を使った読み聞かせだと、写真を眺めながらぽつぽつ話をするだけになってしまいがち。

親子のコミュニケーションの機会としてはとても良いですが、やはり、読み聞かせの目的のひとつである、「読解力をつける」為に文章を読み聞かせることもやりたいですよね。

「なぜ?の図鑑」は、小さな子供でもわかるようなやさしい言葉を使った文章になっている為、書いてあることを全て読んでも大丈夫なんです。

具体的にどう違うのか、他の図鑑と比較をしてみましょう。

人体についての図鑑で、心臓について書かれたページを比較してみました。

まずはこちら。

【なぜ?の図鑑~からだ~】

からだ (なぜ?の図鑑) ニューワイド学研の図鑑i

図鑑ページ3

心臓のなかでも、「なぜいつも動いているのか?」というテーマに絞られています。

解説のメインの文章がこちら(丸で囲んだ部分)

図鑑ページ3-2

子供でもわかりやすいことばで書かれており、文字も大きいのでとても読みやすい。

図鑑ならではのふんだんなイラストや大きな写真があるので、こどもの食いつきもいいです。

【他の図鑑(例)】

DVD付 WONDER MOVE 人体のふしぎ (講談社の動く図鑑MOVE)

WONDER MOVE 人体のふしぎ

この図鑑はビジュアルがとても面白く、子供も興味深そうに眺めています。ただ、文章量が多く、難しいことばも出てくるので、読み聞かせる時には読む箇所を選別し、言い回しを変える必要が出てきます。

①の箇所は比較的わかりやすい

WONDER MOVE 人体のふしぎ-2

②の箇所は大人でも難しい

WONDER MOVE 人体のふしぎ-3

この図鑑を読み聞かせをしたこともありますが、明らかに子供が???の雰囲気になってしまいました(^^;)。

パパママが楽しいと、子供も楽しい。

読み手の大人が、へ~そうなんだ!、そうだったそうだった!、と思いながら読み進められるので、読んでいてワクワクしてきますよね。その気持ちは、聞いているこどもにも伝わります。

パパママが楽しそう!これは楽しいことなんだ!。

そんな気持ちが好奇心を刺激し、子供ならではの無限大の吸収力で様々なことを学んでいきますよ!

私も図鑑が好きなので、いつも「へ~!そうなんだ、すごいね!!」と、とても楽しんで読み聞かせができています。

先日、小1の娘と長距離を歩いているときに、「疲れたね~」と声をかけたら、「疲れた~、ブドウ糖と酸素が脚に足りないよ~」と言ってきてびっくり。図鑑の読み聞かせ効果を実感した出来事でした。

↓↓↓これを覚えてたんですね。

なぜ?の図鑑_ブドウ糖

まとめ

「なぜ?の図鑑」を読み聞かせをすることは、読み聞かせ効果の「読解力」を養うだけではなく、図鑑の知識も植えつけることができる、効果の高い方法です。

図鑑なら読み聞かせできそう、と思った人にぜひおすすめしたい図鑑シリーズです。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 小学生の家庭学習へ
小学生の家庭学習

シェアする

フォローする