在宅ワーク&時短派遣ワーママの平日スケジュールからもっと時短生活する為の工夫とは

シェアする

6年間ワーキングマザーを続ける中で、時短生活を送るべく工夫をガチンコで積み重ねてきました。最近、時短のネタが尽きてきたのが悩みですが、「もっと時短生活」の為の課題を見つけていきたいと思います。

平日のタイムスケジュールはこんな感じです

まず、工夫できることがあるかどうかを洗い出すため、一日の行動を振り返ってみたいと思います。

6:15 起床、朝食準備

6:30 身支度、弁当作り、部屋の片づけ

7:05 小1娘の朝学習をみる(連絡帳の記入、長女の髪を結ぶ)

7:40 小1娘の集団登校見守り

7:50 朝食

8:00 朝食片付け

8:10 掃除

8:30 在宅ワークスタート(軽い昼食取りながら)

11:00 在宅ワーク終了、出勤準備

11:10 派遣先の会社へ出勤

16:50 帰宅、風呂掃除、夕飯準備、ときどき買い物

17:35 小1娘が学童より帰宅、宿題&明日の準備を見守り、連絡帳チェック

18:15 年少息子保育園お迎え

18:45 帰宅、夕飯準備

19:10 夕飯(年少息子の食事介助有り)、洗濯下準備、年少息子明日の準備

19:45 本の読み聞かせ

20:00 風呂、長女&自分ドライヤー

20:30 夕飯片付け

20:40 小1娘ピアノ練習をみる

21:00 子供と遊ぶ、歯磨き

21:30 寝かしつけ&寝落ちor自由時間(主にテレビ)

朝の時間帯は在宅仕事スタートまで、家事と長女の朝学習につきっきり、夕方はほぼワンオペ。

主人は朝の長男対応、洗濯物を干す、保育園送り、洗濯物たたむ、の担当。21:00くらいの帰宅が標準。

話がそれてしまうのですが、最近「ママ~ママ~」と呼ばれすぎてうんざり。。二人ともに交互に呼ばれます(泣)。こんなに呼んでくれる時期は今だけ!と思いつつ、ワンオペの夕方は心底げんなり。「ママって呼ぶのは10回までにして!」と長女にキレることもあり。ごめんね。。

ちょっと脱線 フルタイム正社員から働き方を変えて

前の会社でそのままフルタイム勤務を続けていたら、朝7:00過ぎに出勤、帰宅は学童&保育園のお迎え後の19:30くらいになっていたはずなので、それに比べたら今は余裕のあるタイムスケジュールなんですが、それでもキリキリしちゃってます(反省)。

書いてみて思ったのは、働き方を変え時間ができた代わりにやり始めたことがけっこうあるなと。

長女朝学習、集団登校見守り、本の読み聞かせ、長女ピアノ練習、子供と遊ぶ。そして、在宅仕事。

全部、やりたかったことばかりなので、嬉しい。

前は正社員だったのでお給料は激減。お金のことでの悩みはちょっと増えましたが、やりたかったことができている喜びを思うと、仕事を変えてよかった!と今は思えます。ただ、後悔する日がくることもあるのかなあ、、とも思います。うん。

これで良かった!と言い切れるのは、いつの日だろう。

家事について、できることを考えてみる

話を戻して(^^;)。

スケジュールから、時短生活ができそうなこと、余計なことに頭を使わない方法はないか。

家事について考えると、手抜きをする手段を駆使しているので、これといって良い案が思い浮かびません(泣)。

掃除はほんとに最低限しかしてないし(ルンバ任せ)、料理はパルシステムに頼りっきりだし、洗濯は機械&旦那担当だし。うむむ。

子育てがこんなにも過酷だなんて誰も教えてくれないかった 会社や親せき、友達などなど、ごく身近に、小さな子どもを子育てしているがいませんでし...

しいていうのなら、「モノを減らす」でしょうか。そうすれば、頭も気持ちもすっきり、家事もやりやすく家事ストレスが減りそうです。

片付けが苦手でハードルが高い為、今まで避けてきましたがそろそろ着手する時なのか。。。

子供関連について、できることを考えてみる

子供に関することで、もっと時短ができように工夫点がないか、考えてみました。

時間を短縮する、というよりも子供に自主的にやってもらえることを増やしたい。

その為には、親の手を介さずこども自身で身の周りのことをできるように教えていく&しくみを作ることが重要です。

長男の甘えん坊対応や長女の教育的なことに手間暇かかるのはイタシカタナイとして、なんとかなりそうなことを考えてみるました。

1:子供だけで、おもちゃの片づけができない

理由→片付ける場所が子供にとって明確ではなく、かつ、量がぱんぱんなので片付けしづらい

【対策】片付ける場所を明確にし、子供でもわかるようにする。余計なおもちゃを減らす。

2:お茶のおかわり欲しい、ふりかけ欲しい、スプーンもっと欲しい、とあれこれ指示されて都度大人がうごいている

理由→欲しいものが子供の手が届かない場所や知らない場所が多い

【対策】欲しいと予測できるものはすべて食卓に出す。一度で出せるようにまとめておく。

3:長女が自分で髪を乾かせない

理由→今使っているドライヤーが重たく、かつ、ドライヤーとの距離が保てず火傷する可能性があるので大人がやっている

【対策】

・ドライヤーを固定できるクリップを買う

または

・ドライキャップ(速乾タオルの帽子)をかぶらせる

4:歯ブラシを子供自身で準備できない

理由→歯ブラシと歯磨き粉がある場所に手が届かない

【対策】

・歯ブラシ置き場を変える

子供関連はけっこう出てきましたね。

整理整頓・掃除はかなりの苦手分野なので今まで改善が進んでいませんでしたが、子供に片付けの一部を委託できるようになれば、ういた労力・時間を他の整理整頓へまわせますね。

よし!子供のおもちゃ類から整えます!!

書き出した時はアイデアが何も浮かばなそう、と思っていたのですが、書いているうちに出てきましたね~。嬉しい。

ルーチンのところはこんなもんでしょうか。

あとは、イレギュラー対応をいかに省エネでやれるかどうか、ですね。

これについてはまた別記事にします。

まとめ

やれることは、もうやり尽くしてるよ~もうないよ~と思っていましたが、

一日のスケジュールを書き出して行動を振り返ったら、見つかりました。

なんとなく頭で考えるのではなく、書き出して分析することって大事ですね。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする