進研ゼミ「チャレンジ」はやっぱりすごい!普段は市販ドリル派が思う圧倒的に優れた面とは

シェアする

訳あって、ママ友からチャレンジ1年生8月号の教材を一式頂きました。

内容を見たところ、やっぱりすごい。ホントよくできてる。

通信教材ってちょっと高いよなあ、と思っていましたが、家庭学習はドリルやネット上の無料プリント派の私が見るに、値段相応の価値が十分にあると思いました。

私自身、子どもの勉強を時間を割いて見たい、並走していきたいと思っています。なので、教科書の内容を確認し、つまづきやすい分野や苦手分野を時間をかけて調べたりして、市販ドリルを探したり無料プリントを使った学習をしています。

こんなことをしているうちに、どういう教材が良い教材なのかわがるようになってきました。

仕事をしているなど忙しくて時間をかけられなかったり、勉強をどうみていけば良いかわからなかったりする人には、通信教材は自信をもっておススメできると確信しました。

そう思う理由をあげていきたいと思います。

保護者へのサポートが、かなり手厚い

この保護者向けのサービスが一番価値が高い!。プライスレスだわ、と思いました。具体的にどこがそうなのかを書こうと思います。

保護者向け読本の内容価値が非常に高い

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

ネットや本を読みあさり、それでも出会えたなかったテクニックが保護者向けの読みもの「保護者通信」に書かれていました。具体的にどうやって声かけをすればいいかがとってもわかりやすい!。

表現力とは、社会性の高い「この世を生き抜く力」であり、近年重要視されている読解力、国語力と同様の力です。それを我が子に身に着けさせるためにどうすれば良いか、右往左往と探しまくっていた私にとって、突き刺さるほどドンピシャな読み物でした。

また、何が必要なのか調べたり探したりする時間や手間が省かれるので、時間短縮できる。時間が買える、とても価値が高いものです。

さらに、毎月届くので、その時期に必要な情報が入手できますね。

いや~さすがです。素晴らしい!。

また、読む量が多すぎず、ポイントを絞ってあるのも良かったです。

学習のこれだけを抑えればOK!が1分でわかる

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

学習内容のうち、これだけはおさえておきたいポイントが1ページでまとめられていました。こどもの勉強をなかなかみれなくても、おさえるべきポイントと理解度のチェック方法が具体的に書かれています。

月に1度、これだけなので、時間がなかなか取れなくても隙間時間で対応できますね。

なぜこの学習をするのか?の理由がわかる=重要な単元がわかる

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

教材の中にワンポイント的に書かれている「おうちのかたへ」では、学習のねらいが書いてあり、ここの単元(算数:いくつといくつ)にはくり上がり&くり下がりの計算に必要な知識と解説がありました。私はネットや本を読みあさってやっと知った知識です(^^;)。大事なことはポイントとしてきちんと書かれていました。

褒め方や間違った時の対処方法が、具体的に解説されている

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

ただ、答えと解説が書いてあるだけではなく、まちがった時にこどもにどうやって声をかけていいかが書かれています。子どもが間違えたとき、なんで間違うんだろう~当たり前すぎてなんと言えばわからない、、、と思うことってありますよね。そういう時の対処方法が具体的に書かれています。

また、間違えなかった時の褒め方までありました。どうしても間違いに目がいきがちだし、なんて言って褒めればいいかわからないですよね。具体的な褒め方が書かれているので、褒めて伸ばしてあげることができます。

外してはいけないポイントがしっかり押さえられている

チャレンジは教科書にそった内容で構成されている教材です。また、今回、8月号ということもあって、国語や算数は1学期の復習的内容でした。それを踏まえて解説したいと思います。

つまづきやすい分野の問題が網羅されている

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

「とけい」は学校での学習時間が短いわりに難しい分野だそうです。そこがとりあげてあり、しっかりと復習ができます。

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

ちいさい「や・ゆ・よ」は娘も苦手な分野。おさらい項目として取り上げられていました。

今後の学習土台となる分野の問題が網羅されている

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

「いくつといくつ」は、今後学習していく、くり上がり&くり下がりの計算に欠かせない知識です。その分野もしっかりと復習ができます。

通信教材だけでは演習量が不足がち。でも、フォロー教材が無料!

出典:進研ゼミ小学1年生8月号

通信教材は、問題量が少ないよな~と思っていましたが、それがきちんとフォローされていました。会員ページに無料でダウンロードできるプリントがあります。

出典:進研ゼミ小学講座サイト

どの単元もいつでもダウンロードできるので、好きな時に取り組めるようになっています。

出典:進研ゼミ小学講座サイト

その他にも、実力診断テストや英語学習のページもありました。

まとめ

通信教材は定期的に届くので、その時期に必要な学習や、保護者として重要かつ必要な情報が手間ヒマをかけずに待っているだけで手に入ります。

これはとても価値が高い。時間をお金で買うことができますね。

通信教材は高いかな~と思っていましたが、これだけのサービスがあるなら決して高くはないですね。

子どもが幼児期にはポピーを使っていたので、通信教材の良さは知っていたつもりでしたが、改めてぐっと心をつかまれてしましました。

【進研ゼミ】

授業が分かる教科書対応、赤ペン先生による個別学習、 ニガテを解消できる学力診断など小学生一人ひとりをサポート!

【進研ゼミ小学講座】

【ポピー】

親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 小学生の家庭学習へ
小学生の家庭学習

シェアする

フォローする