小1娘・今後の自宅学習は国語を重点的に!低学年のうちに「読解力」を身に着けたい

シェアする

小1娘に不足している「読解力(国語力)」、亀の歩みのごとく少しづづですが前進している、と思い、ます。思いたい。。。

今の私にとって、心底ドキッとするタイトルの本だったので、図書館で思わず手に取ってしまいました。 小1の長女、読解力が無いことが...

登校前の朝学習(30分)の習慣は身に付いたので、その時間を有効活用すべく、今後の学習についてやりたいことを記録します。

…でも、最近、勉強したくないオーラが出てきたような。ちょっと無理させすぎたのかも?。高望みはせず、地盤を固める時期と思ってコツコツやっていこうと思います。

苦手分野を夏休みでリカバリしきれなかったので、そこをまずやらないといけないですね。

科目ごとにやることをピックアップ

国語

・学校の授業内容を徹底的に固める。苦手を発見次第、即つぶす。

・暗唱

・音読

・読み聞かせ

【わかっている苦手なこと】

・小さい「や・ゆ・よ」の使い方があやしい

【やること】

・苦手の克服

・教科書準拠の標準的なドリルを学校の進度に合わせて使う(復習と苦手分野の早期発見を目的とする)

まずはテキストを探します(汗)

・暗唱

ドリルとして買いましたが、難しくてザゼツ。暗唱なら使えるかも?早くスタートせねば。

現代文を暗唱すると、読解力(国語力)が あがります。

国語力を上げる方法を模索しています。国語力は学力全体の基礎力なので、今のうちにしっかりとした基盤をつくりたい。 ...

・音読は毎日の宿題をやるでOK

・読み聞かせ

基本は夜ごはん後に読み聞かせをしています。最近は、幼児向けの絵本がほとんど。

齋藤 孝先生は「読解力は名作を読むことで鍛えられる」とおっしゃっています。ぴったりな本を発見!。

目次はこんなかんじ。

今日は二つ目のお話、「いちょうの実」を読みました。文字の大きさはこれくらい。14ページありましたが、静かに聞いていました。

感想を聞くと「悲しいお話だね」と。なんでそう思うの?と聞こうとしたら、他に読んでほしい絵本があったようで聞けずに終了(泣)。

母であるいちょうの木から、子供であるいちょうの実が風にのって旅立つお話。今まで読み聞かせた絵本とは違って古めかしい?慣れない言い回しなので、ちゃんと理解できたか心配だったのですが、悲しい感情をちゃんとあじわっていたようで、母は感激しましたよ。

この本、繰り返し読み聞かせてみようと思います。いつか、ひとり読みができればいいな。

算数

・学校の授業内容を徹底的に固める。苦手を発見次第、即つぶす。

・計算力を身に着ける。

【わかっている苦手なこと】

・「どちらがなんにんおおいでしょう」「ぜんぶでなんびきいるでしょう」など、引き算なのか足し算なのか、判断があいまい

【やること】

・苦手の克服

・教科書準拠の標準的なドリルを学校の進度に合わせて使う(復習と苦手分野の早期発見を目的とする)

・計算ドリルや百マス計算をやる

英語

・オンライン英会話を継続する。

・英語耳が衰えない程度に英語アニメ、CDを聴く。

できれば4技能を意識した取り組みをしたいが、今は国語に注力すべき時期なので、ぐっとガマンします。。。

…くもん英語、いいらしいですよ。

まとめ

やりたいことは盛りだくさんありますが、ここはぐっとこらえて読解力(国語力)アップに集中していきたいと思います。最近、詰込みすぎかも、と反省したので。。。

あとは、学校の授業内容を取りこぼしなく習得していくこと。ここをおろそかにしてはいけませんね。

娘の様子を見ながら、無理をさせないように取り組みます!

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

シェアする

フォローする