子どもが小学生になってラクになったこと大変になったこと

シェアする

上の娘がこの4月より小学校に通うようになり、共働き家庭の我が家ですが、夏休みもなんとか乗り越えることができました。

小学校に入ったことで、生活スタイルもガラリと変わりましたね。変わったことで、親として楽になったこともあります。大変になったこともあります。

入学前に想定していたのとはぜんぜん違いました。。。

親として楽になったこと

基本、学校と学童への送迎がいらない。

以上。

親として大変になったこと

・今まで保育園関係のみをスケジュール管理していれば良かったが、保育園・学校・学童の3種類の管理が必要になった(下の年少息子がいるので)。

例:運動会が保育園と学校の2回ある。雨天の時の対応が2種類になり頭が混乱。

・保育園時代までは、ほぼ「子どもの予定=親の予定」だったのが、「子どものみの予定」と「子どもの予定=親の予定」の2種類に分かれた。予定の種類が増え、予定の質も変わり、管理が複雑になった。

例:夏休みで、学童の行事(子供のみの予定)の日に、家族の予定を間違って入れないようにしなければならなかった。

・長期休みは「学校+学童」の生活から、「学童のみ」の生活になるので、そこの変化に対応しなければならない(保育園時代は年間を通して「保育園のみ」の生活パターンしかなかった)。

例:長期休みやその前後は、お昼ごはんの管理(お弁当の必要有無)が必要、など。

・準備物が複雑になった。保育園は毎日の持ち物+イベント時のみ特殊物、だったのが、時間割や授業内容に合わせて持ち物が毎日のように変わる。連絡帳に書いて帰ってはくるが、前日の夜に言われても、、、あ、この前のプリントに書いてあったのか、、、みたいなことがよくある。

・毎日いろいろな紙資料を持って帰ってくるのでその管理が必要。テストや授業でやったプリント、宿題プリント、期限までに提出必要な書類、お知らせの書類、学校外イベントのチラシ、など。学童にも同じような紙資料や提出書類がある。

・勉強をちゃんとみなければいけない。

小学校に上がった方が圧倒的に大変!

小学校に上がると楽になる、と聞いていたのに、ぜんぜん楽じゃない!!!です。そいえば、聞いた相手は幼稚園ママさんだった。。。

管理系が増える&複雑になって、頭がパンク(爆)。慣れれば大丈夫なのでしょうが、少なくとも1年間は新しいことがいっぱいですね。

こども自身が自発的に色々管理できるようになればいいのでしょうが、少なくとも低学年では難しいかと思います、娘の場合。

学童は、遅い時間(17時越えor18時越え)だとお迎えが必須の場合も多いし、天候で警報がでたら、急な送迎が発生したりするので、ラクになることの方が断然少ないですよ~。

保育園がラクすぎたのかもしれません。保育園てすごい。

また、小学校入学を機会に習い事を増やしたのもあって、そっちの管理も追加になっています(汗)。

まとめ

成長するにつれ、着替えやお風呂の介助など、手出しが必要なお世話はどんどん減っていきますが、小学校に入ってから、管理しなければならないことがぐんと増えました。現在進行形でパンクしております。頭の衰えをひしひしと感じています。。。

便利な管理アプリを使うなどして、乗り切りたいと思います。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする