小1学校テスト・「ちからだめし確認テスト」の結果(算数、国語)

シェアする

小1娘が「ちからだめし」のテスト結果を持って帰ってきました。

A3サイズで算数と国語が片面ずつ。夏休み前に学習した内容を網羅した形でした。実力テストの位置づけと考えられます。難易度は比較的易しいと思います。

点数

結果は、、、

国語:95点、算数:96点

娘にしては、まずまず良かった!と言える結果でした。

基本の問題ばかりなので、本音は100点をとって欲しかったし、100点の子が多いんじゃないかなと思いますが、、、良しとしたいと思います。

努力が結果として「見えたこと」が嬉しい

実力テストというのは、その名の通り、実力の程度を試すテスト。学力の定着度合いがよくわかります。だからこそ、結果が出ていることが嬉しい。

娘は決して勉強ができるタイプではありません。

が、苦手を潰すためにコツコツとがんばっています。しんどい時もぐっと歯をくいしばって、泣きながらもあきらめることはしません。

その日々の努力が結果として出たような気がして嬉しかったですね。これを自信に変えて、今後もモチベーションを上げてがんばっていって欲しい!

私は、娘の努力が最大化するように、併走していきたいです。

ミスしたところの振り返り

国語

「は、を、へ」の使い方の間違いです。「は、を、へ」の使い方は、小1国語単元の中でも、苦手な子が多いそうです。娘、マスターしたと思ったのになあ。。間違えた理由を聞いても、はっきりとはわからないようで。

今一度、定着をはかるべく、反復練習をします。今までは無料プリントをやっていました。無料の限界なのかしら。。。

2018/10/9追記

「は」「を」「へ」の使い方をピンポイントで演習できるくもんのドリルがあったので、やってみました。「はをへ」の演習だけではなく、「う」と書いて「お」と読む使い方や、「ず」と「つ」の使い分けの練習などの内容もあって、充実したドリルでした。

≪くもんのにがてたいじドリルシリーズ≫より

算数

こたえの単位の書き忘れです。間違えた理由がはっきりしないようで。まあ、理由がはっきりわかるようなことがほとんどないですね(汗)。

とにかく、反復練習あるのみ、です。

今までやってきた無料プリントぷりんときっずの問題のレベル「簡単」と「普通」は、こたえ欄に単位が書かれてありました(汗)。単位まで書かせる、レベルが「難しい」に挑戦したいと思います。

まとめ

【やること】

■「は、を、へ」の復習

■答えに単位を書かせる文章問題(足し算、引き算)

・ぷりんときっずの「難しい」文章問題を解く

そろそろ、漢字くり上がり&繰り下がりの足し算・引き算の学習が始まります。これらでつまずく子どもが多いそうなので、娘の動向もこまめにチェックしていかねば。

娘にとって、学校の学習範囲の苦手を撲滅することが重要です。なので、今後もプリントやテストを持ち帰ってきたら、こんなかんじで振り返りをしようと思います!

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする