小1国語・カタカナの授業は2時間しかない!? & かたかなテストの振り返り

シェアする

先日の懇談会で担任の先生から漢字の授業がそろそろ始まるとの説明がありました。

…あれ?カタカナは??やっていた形跡がないような。。

教科書の年間指導計画書、カタカナ授業数が2時間だけという事実。

どうやらカタカナの授業というのは、娘の学校だけではなく、どの小学校でも授業時間がほとんどないようです。そもそも、教科書が決めている授業数がたった2時間なんですよ!。

これにはびっくり。小1娘、大丈夫だろうか。。。

学校ではフォロー教材として、カタカナ練習帳を1冊仕上げていました。授業以外の朝学習などでこなしているようですね。

家庭学習でカタカナやったことない娘(汗)。どうなる!?!?。

カタカナのテストを振り返る

先日持って帰ってきたテストです。やはり、カタカナを書く問題がまったくできていませんでした。

5問中、2問のみ正解。

…これは、もっともっと練習が必要ですね。いやはや、どっから手をつけていいものか。。。

写真は直した後のもの。学校で直す作業もやっています。

消す前の文字を確認したら、そもそもの文字をまちがっている。ジャ「ム」はジャ「ホ」と書いてある。。。ちーん。

これは、最初から一文づづ学習が必要ですね!。書き順を確認しながらやっていこうと思います。

家庭学習は必要だ、と身に染みて思っています。

私が小学校低学年の時、家庭学習はいっさいやっていません。それでもテストは100点取れていたので、それが当然だと思っていました。授業を受けて宿題をしていれば100点取れるものだと。友達たちも宿題以外の勉強をしてるなんて聞いたことなかったし。くもんに行っている子はいましたが。

学校の教育が変わってしまったのか?。いや、娘が飲み込みに時間がかかるタイプだということが原因でしょうか。。。

1年生の前半を終え、やっとこのことに気づけました(汗)。

今後は授業の進度と並行して、学習量の積み上げをしていきたいと思います。苦手の克服もしつつなので、時間が足りない(汗)かもしれませんが、コツコツと進めますよっ。

がんばれ、小1娘!!!

まとめ

【やること】

■カタカナの練習(濁音、促音、長音、拗音含む)

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする