小1【学校テスト:算数】振り返りで思うこと

シェアする

先日、小1娘が学校から持ち帰ったテスト。間違えた内容を振り返ろうと確認したところ、どうもうまく説明できない問題がありました。

モンダイの問題はこちら

「なかま」って、曖昧な言葉ですよね。

娘の答えを100%否定するのも難しいと思いました。

マルになっていますが、①の答えも最初は3個と書いています。「球」と「円柱」を仲間と思ったんでしょう。確かに、仲間と言えば仲間。このテスト内の別の問題で「転がる形を全てえらんでください」という設問に対し、「球」と「円柱」を答える問題があったため、余計に仲間と思ったんでしょう。

②の問題があったので、円柱はなかまじゃないと気づき、①を訂正。

②の問題で円柱の仲間に直方体を入れたのも、横に長いから仲間だと思ったんだと思います。

なんて説明していいかわからない

「球」と「円柱」を仲間じゃないなら「円柱」と「直方体」は仲間じゃない、というのが一番いいのか?!とは思いますが、私も頭がカタイというか、考えすぎてしまうというか、本当にそうなのか?という自問が始まってしまうという。。。。

たぶん、この解説が妥当だと思いつつも確信が持てない。ここで思ったのが「学校だとなんて教わるんだろう?」ということ。

学校での教わり方に準拠したいのですが

同じ教わり方でないと、小1娘は混乱してしまうと思うんですよね。

教科書を確認してみましたが、似た種類の説明や問題がありませんでした。ノートを見ても無い。

うーーん、特に教わっていないのか?むしろ、教わらないような当たり前問題なのか!?!?

結論

他のドリルなどの類似問題を探してみましたが、私自身が納得いく解説に至らないので、この問題はスルーする、という結論にしました。

「同じ仲間」というのは、「まったく同じ形という意味ではない」とあった問題集があり、私もそう思うんですよね。答えは①3個(球&円柱)②5個(円柱&直方体)が妥当なんじゃないかと。。。

どこかのブログで、学校のテスト問題は答えに説得力がないもある、と書いてあったのを思い出し、これがそういうことか、ということにしました。

思うこと

間違った理由とか、どういう風に考えてこの答えにしたのかとか、そういうことを小1娘に確認したいのですが、やはり、本人からは「わかんない」ということしか出ないと思います(聞いてはいないのですが、たぶんそう)。

まだまだそこを言葉にできない。。。

でも、いつの日か、間違えたことや疑問に思ったことに対し、自分が納得いくまでとことん追及できるようなココロが育っていてほしい。今回の問題も、娘は根本的に納得していないと思うんですよね。

母としてはスルーせざるを得ないですが、当事者である娘は、ゆくゆくはちゃんと納得いくまで先生に解説を求めるようになればいいなあ、と思いました。

母としてできることは、好奇心や探求心を育てること。間違いは恥ずかしいことではなく、新しいことを知れるチャンスだという考えを持たせること。それをやっていきたいと思います。

なんとなく思ったことをツラツラ書いただけになってしまいましたが、私としては新たな方向性のひとつを発見できたので、書いてしまいました。

お目汚しスミマセンでした<(_ _)>。。。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 小学生の家庭学習へ
小学生の家庭学習

シェアする

フォローする