子供オンライン英会話教室はメリットがたくさん!小1娘、25回目のレッスンを終えて

シェアする

小1の娘、今年の4月より「キッズスターイングリッシュ)」でオンライン英会話を習い始めました。

KidsStarEnglish

習い始めたきっかけは、英語の重要性を今さらながらひしひしと実感した為。

学校の授業が大きく変わります

学校教育は日進月歩、私が子供のころに受けていた授業とは全然ちがいますね~。色々とカルチャーショックが。。。さらに、2018年度から段階的に施工される予定の「新学習指導要領」より、学校授業が大きく様変わりするようです。

その中で、気になるのがやっぱり「英語」!。早期の教育で英語のコミュニケーション能力を育むため、これまで施行されていた外国語活動の開始時期が小学校3年生に早まり、小学校5年生から数値による評価がともなう教科になります。中学校の授業は英語で行われることが基本になるそうです。

その事実を知って、これは英語に本腰を入れなければ、、と思いました。

また、娘はまだ小1ですが、英語に関する授業が1学期の間にも数回行われていました。学校によっては低学年から既に始めているんですね。

我が家のゆる~い英語教育と小1娘の英語力

娘の英語教育は生後1日目から始まりました。英語教育に強い興味を持っている旦那がマザーグースの英語CDを持ってきて「これを聞かせて」と渡されまして。病室が個室だったので、昼間はずーっと流れていました。

その後もびしびしと、、、とはならず。お金をあまりかけない方法でゆる~く継続をしてきました。

・TVアニメはなるべく英語で見せる
・無料の英語絵本の読み聞かせに連れていく
・無料や有料の英語イベントに参加させる
・格安チケット制の子供向け英会話教室に時々連れていく

こんな感じで英語教育を受けてきた、現在6歳の娘の英語力はというと。時間だけは割いてきたのですが、それにしては結果がイマイチなような。。

知っている単語数はそこそこですが、文章では話せません。毎日のように見ている英語アニメも、英語を全て聞き取れているわけではないようです。

英語に対する抵抗感はまったく持っていないのが幸い、といったところでしょうか。

これはきちんと英語を「勉強」しない限り英語力はついていかないと思い、そのスタートをきるべく英会話教室の門をたたくことになったのです。

オンライン英会話教室のメリット

25回のレッスンを終えて、「教室を構えている英会話学校に通うこと」ではなく「オンライン英会話教室」を選んで良かったな~と実感していることを箇条書きにしてみました。良かった!の思いが強い順です。

  1. 好きな時に授業が受けられる
  2. 子供と相性の良い先生が選びやすい
  3. 安い
  4. 送迎がいらない
  5. 習得状況を把握しやすい

各項目を詳しく説明したいと思います。

1.好きな時に授業が受けられる

教室を設けている英会話学校の場合、ある程度きまった時間帯、曜日で授業が開催されます。学校側も考えているので、通いやすい時間帯に授業があることが多いですが、オンライン英会話はもっと自分の都合に合わせて授業の曜日、時間帯を都度選ぶことが可能です。

娘が習っているKidsStarEnglish(キッズスターイングリッシュ)は、毎日朝6:00~24:50までの時間帯で授業が行われます。実際に稼働している先生が多いのは、曜日に限らず、7:00~22:00なので、子供が起きている時間帯ならいつでも受けれる状況ですね。

我が家は、土日の午前中~夕方は家族でイベントに合わせて出かけたいので、習い事のような定期的な予定を入れないようにしています。かといって、共働きで子供は学童に通っている為、平日にこれ以上の習い事予定を入れるのは厳しい。なので、土日の朝7:00~8:30の間に週に1~2回、レッスンを受けれるようスケジュールを組んでいます。

この時間帯に授業を行っている教室型英会話学校はないので、我が家のワガママなスケジュール要望に合わせられるのはオンライン英会話教室だけでした。

2.子供と相性の良い先生が選びやすい

教室型の場合、先生を選ぼうと思うと曜日・時間帯に妥協したりたくさんの学校を訪問&体験したりする必要がありますが、オンライン英会話の場合予約の都度先生を選択することができ、多くの先生の授業を受けれる為、子供と相性が良い先生に出会うことが簡単にできます。

娘は6社のオンライン英会話教室&10人の先生の体験授業を受けました。サイトに登録する手間はかかりますが、あいているすき間時間にぽちぽちっと登録や予約をし、自宅でさくっと授業が受けれるので負担はそんなにありませんでしたよ。

先生との相性って、特に子供は重要だと実感しています。授業への集中度がまったく違うんですよ、先生によって。

娘の場合、優しい先生よりも、元気があって楽しくて、ぽんぽんと授業を進めるタイプの先生と相性が良いことがわかり、今では固定の先生の授業を受けています。

3.安い

教室型の場合、だいたい月4回の授業で教材費を入れて1万円くらいが標準だと思いますが、オンライン英会話だと半額以下で学ぶことができます。

娘が習っているKidsStarEnglish(キッズスターイングリッシュ)だと、一番割高でも月6回税込2,980円。1回の授業が25分で、マンツーマン。1回あたり500円弱でマンツーマン授業が受けれるのは本当にありがたいです。こども専用なので、こどもの扱いにも慣れている先生ばかりですよ。

こども専用ではないですが、レアジョブ英会話やDMM英会話だと毎日25分間の授業を受けても税込み6,000円未満。

教育費がかさんでいる我が家には、とってもありがたい金額です。

4.送迎がいらない

こども一人でも通える場所に教室があれば歩いて通えますが、娘はまだ一人で歩かせるのは不安だし、そもそも通わせたい教室が近所にありません。

オンライン英会話教室だと自宅で受けれるので送迎不要!。なんなら、パジャマで受けてます。

朝ごはんを途中で切り上げて受け、終わったらまた食べることも。時々寝ぼけたままなので、先生に目覚めさせてもらってます(汗)。

親も子どもも、通いの負担がないので、とてもラク~に続けられています。

5.習得状況を把握しやすい

教室型だと子どもがどんな授業を受けてどれくらい力がついているのかは、見学していないとわかりませんが、オンライン英会話だと会話が聞こえる場所にいれば把握ができます。家事をしたり下の子の相手をしながら、耳をなんとな~く傾けて確認しています。

娘は小学校に入って他の勉強が始まったこともあり、英語アニメを見るなど日常で英語に触れる時間が減った為か単語力が明らかに落ちてきています(汗)。前は「わに」とか「あざらし」とか「消防車」などの英単語を知っていたはずなのに、分からなくなっているみたいで。

単語力をフォローする為に、昔よく使っていたおもちゃを目につきやすい場所に置くことにしました。

このおもちゃ、タッチペンでタッチするとその名前を音声で答えるのですが、日本語と英語が切り替えスイッチひとつで変更できてなかなか便利なおもちゃなんです。レベルも「いぬ」「うさぎ」などの簡単なものからけっこう難しいものまで。

私も知らない単語がいっぱい。「おうむ」「くじゃく」「バク」…

おしゃべりいっぱいことばずかんDX

我が家のは古いタイプのただのDX(デラックス)で、最新のはsuperDX(スーパーデラックス)なんですね。新しく「世界のあいさつ」などのページが加わっているみたいです。

クイズ形式もあり、長く使えるおもちゃだな~と思います。今、下の4歳の長男がどはまり中。遊びながら耳から覚えられるので、英語への抵抗感はないですね。

小1娘の単語力は落ち気味ですが(汗)、会話力はオンライン英会話のおかげで少しづづ向上していると思います。以前は「Yes!」で答えていたところを「Yes I do!」と答えれたり、教材を使いながらですが、文章での受け答えができるようになったりしています。

オンライン英会話教室を継続できるコツ

オンライン英会話を始めてみて、これができたら継続するメリットがあるなと思ったことが2点ありました。

1.PCの前である程度は座っていられるか

子ども専用オンライン英会話の先生はプロの教育を受けているだけあって、子どもが飽きないようにする工夫や、飽きたときの対処は本当に素晴らしいのですが、自宅という環境はやはり気が散りやすく、逃げ隠れする場所があるので、授業の継続が難しくなる場合があります。その場合、ある程度座っていられるように親のフォローが必要です。

教室型の場合だと、先生が子供に近寄ってきて対処してくれたり、飽きてしまって授業を真正面から受けていなくても、教室から出ない限り耳からなんとなく聞こえてくる環境はメリットですよね。

未就学児の場合、教室型では遊び感覚で体をめいいっぱい使ったり色々な道具を使ったりすることが多いので、教室型の方が授業に集中しやすいかな~とは思います。

ここで、オンライン英会話の先生が、子どもの扱いに慣れてるなと思ったエピソードをひとつ。

小1の娘がとても眠たい時にオンライン英会話の授業を受けたとき、グダグダになってしまいました。先生に眠たい旨を伝えたら、すぐに切り替えて手遊びを始めてくれました。どっちの手に隠れてるかな~?と娘の気を引くような目が覚めるような遊びだったので、娘もぱっと起きて一緒に遊び始めていました。

さすが、子ども専用だけあるな~教育されてるな~と感じましたね。

2.親の口出しを最低限にできるか

子どもがPC前に座っていられるようなフォローは必要ですが、先生が言っている英語を親が日本語で言い直したり、答える英語を教えたりは、慣れてくれば最低限に留める方が長い目で見て良いと思います。

自宅だとそばに親がいるので、子どもはどうしても助けを求めがちだし、親自身もはらはらして色々言いたくなってしまいますが、そこはぐっとこらえましょう。わからないことは本人から先生に聞くように。Once more, please.でOK!。そうすれば、日本語が話せない先生でも身振り手振り英語を交えておしえてくれますよ。

質問の答えもわからなければ、先生が答えを教えてくれます。I don’t know.と言えばOK!。親は、まねっこして、や、リピートして、くらいは言ってもいいかなと思います。

娘も最初は私に助けを求めていましたが、先生に聞いてみな、Once more, please.って言えばいいんだよ、と繰り返していたら助けを求めることが減りました。

先生の言っていることを何とか理解しようとすることで、どんどん力がついていきます。また、先生と娘と二人で授業が成立するので、親の負担も減っていきます。

イガイと大丈夫だな、と思ったこと

英語にまったく触れたことがなくても問題ナシ

オンライン英会話だと、ある程度の英語力がないと授業にならないのでは?と思っていましたが、心配無用でした。必要レベルは教室型と一緒と考えて問題ないです。つまり、英語にまったく触れたことがなくても大丈夫。

例えば、テキストを使った授業の場合、「テキスト〇ページを開いてください」と英語で言われてわからなくても、先生がテキスト開いて画面でページ数が見えるようにしてくれます。数字を見てそのページを開くことが自分でできるのであれば、フォローも必要ありません。

また、先生が授業中に言うことはけっこう決まったことしかありません。あいさつ、今日の天気の話、テキスト〇ページを開いてください、など。あとは、テキストにそった内容です。どうしてもフォローが必要な場合、親が英語が苦手でも対処できるレベルですよ。

まとめ

オンライン英会話のメリットを再度いうと、

  1. 好きな時に授業が受けられる
  2. 子供と相性の良い先生が選びやすい
  3. 安い(教室型の半額以下)
  4. 送迎がいらない
  5. 習得状況を把握しやすい

です。

PCの前にある程度座っていられる方が授業がスムーズに進みますが、座れなくても、また、眠かったり機嫌が悪くても、先生がうまく誘導してくれるので、続けていくことが可能です。

まずは無料の体験レッスンを受けてみて、子どもの様子をうかがってみましょう。先生を選ぶ時には子どもが気に入る先生、相性がよさそうな先生がおススメです。

娘もやっています。フィリピン最速の光回線を導入した子ども専用オンライン英会話教室は、キッズスターイングリッシュ!月額2,980円~

KidsStarEnglish

ワールドビジネスサテライトや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介された英会話

25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

シェアする

フォローする