ヤマハ音楽教室幼児科ってこんなところ。グループレッスンや楽器準備についても語ります。

シェアする

我が家はすごーく熱心にはやっていません。私自身がそこまで力を入れられてないので、スタンスとしては、ごくごく普通レベル。それを前提に、読んでみてください<(_ _)>。

ちなみに小1娘は現在、ヤマハ音楽教室の幼児科に通っています。小学生なのに幼児科、です。

幼児科に通い始めるタイミングは?

ヤマハ音楽教室の幼児科は年中・年長、または、年長・小1の2年間です。開講のタイミングは5月と11月(11月は教室によって開講がない場合もあるようです)。小1娘は年長の4月から幼児科に入りました。ラストチャンスのタイミングでしたね。

ヤマハはピアノ教室ではなく「音楽教室」

ヤマハはピアノ教室ではなく「音楽教室」です。そこを理解して入らないと、入った後になんか違う、と「必ず」思ってしまいますので入会を検討している方は注意してください。

個人ピアノ教室とヤマハ音楽教室の違い

伝統的なピアノレッスン教室では、通常、楽譜を読んで弾く「よむ→ひく」の順番で、弾けるように練習していきます。

ヤマハの幼児科は「きく→うたう→ひく」。つまり、楽譜を読まずに、「耳で曲を聴く(先生の演奏やCD)→ドレミで歌って楽譜を覚える→覚えた楽譜を歌いながら弾く」で曲を弾けるようにしていきます

ピアノ教室ではない、と思って入った私もびっくりしましたよ。こんなやり方で大丈夫なの?楽譜読めなくてもいいの?と。でも、これが「ヤマハメソッド」。ヤマハの教育的方針てやつです。幼児科は徹底的に「聞く力」を育てることに注力するので、読める力をつけるのは後回しです。

なので、幼児科後に個人のピアノ教室に移ると、基礎がなってない、とか、一からやり直し、とか、言われてしまうんでしょうね~。楽譜を読む力を養っていないので、当然といえば当然。根本的な教育方法が違うので仕方がないことです。

ヤマハ音楽教室の目指すゴールとは

ヤマハが目指すゴールは「楽譜通りに上手にひけること」だけではなく、「気持ちを音楽で表現できること」。初めて聞いた曲に伴奏をつけたり、こころに感じたイメージで自分だけの曲をつくれる力をつけていく。「きく→うたう→ひく+よむ→つくる」ことで、音楽を楽しむ力をつけていきます。

我が家は、ピアノが上手に弾けるようになって欲しい、というよりも、音楽によって毎日が楽しく、彩りある豊かな人生になって欲しいと思ってヤマハに通わせています。大きくなって、音楽友達と即興のセッションができたりしたら楽しいだろうなあ、なんて思うのです。

グループレッスンて、どうなの?

レッスンのスピードは?

通う子ども達は、まだまだ幼いということもあって、気分によってグダグダしたり、ちゃんと座れなかったり、よそ見をしたり(=我が娘泣)。先生のピアノに集まってみんなと歌う時でも、不機嫌に突っ伏したままだったり(=我が娘大泣)、恥ずかしくてなかなか前に出られなかったり。

そんな子達が、きちんとできるまで、前に出られるまで、他の子達は待ちます。その時間、無駄な時間といってしまえば無駄な時間。限られたレッスン時間の中、1分でも長く練習して欲しい、と思うこともあります。本人のペースでは進まない授業にやきもきすることも。

ですが、お友達が準備できるまで辛抱強く待つ、また、お友達が待っているからがんばろうと思う、協調性と社会性を育てる時間だなあと最近は思うようになりました。幼児科後に進むジュニア科では、クラスのメンバー全員がパートを割り振られ、ひとつの曲を弾くアンサンブルという演奏をします。その時に必要な力のうちの一つがチームワーク

幼児科で培う協調性と社会性はここに繋がっていくのでしょうね。

レッスンのレベルは?

また、レッスンのレベルはだいたい、グループメンバー中間層の少し下くらいに合わせて進みます。なので、弾けない子に合わせて何度も弾くことがあります。出来る子は、えー、また弾くのー?と、ぶっちゃけなります。

小1娘は唯一の小学生。他のメンバーは全員年長。だからなのか、わりと弾ける方。既にできる箇所を何度も弾かされて、えーまたー?モードになることもしばしば。

そんな時、ここぞという時、私はこう耳打ちします。「あなたが一番お姉さんなんだから、みんなを引っ張っていってあげなきゃね。がんばれ。」

いつもなんとなく頼りなくて、お友達にも助けてもらってばかりの娘も、この時ばかりはきゅっと表情が引き締まります。特に何かをするわけではないですが、なんとなくメンバーを気にしたり、メンバーの演奏に合わせようと耳を澄ませるように。

妹キャラで甘やかされがちな娘、学校ではお姉さんお兄さんに助けてもらえる最小学年の小1娘。

そんな子に責任感とリーダーシップが産まれる瞬間を経験できるのは、グループレッスンならではですね。

楽器は準備した方が良いの?

我が家は、5月に習い始めて8月に4万くらいの安~い電子ピアノを購入しました。ピアノと同じ88鍵盤あり、スタンド一体型でフタ付き。

スタート時はアンパンマンのおもちゃで練習

電子ピアノを買う前は、アンパンマンのおもちゃで練習(汗)。

習い始めて3か月後、さすがに鍵盤が足りなくなったので、買おうと決意しました。

おもちゃでもレッスンで困ることはありませんでしたが、3カ月程度だったからだと思います。鍵盤が足りなくなったこともありますが、1個あたりの鍵盤の幅がぜんぜん違い、弾く感覚がまったく異なる為、そういう意味でも限界でしたね。

習い始めてすぐに、やりたくなーい!と言い出しかねないかも、と思うなら楽器購入は3カ月程度なら見送ることができます。最初はおもちゃのキーボードか、紙鍵盤でもいいと思いますよ。

我が家のはこれの古いバージョンですね。弾く場所が光ったり、音の種類が変えられたり、いろいろ操作できて楽しいです。

紙鍵盤を作成する場合は、こちらのブログで紹介されていたものが良さそうです。

「kokodamのピアノ日記 vol.5」より

http://kokodam-piano.hatenablog.com/entry/20160709/1468072911

ロールピアノという、くるくる畳めるピアノのおもちゃがありました。

安い電子ピアノを買った理由

我が家が安い電子ピアノを買った理由は、当初、以下の気持ちだったから。

・幼児科だけで辞めてしまうかもだから、とにかく安いのがいいな

・幼児科終わっても続けるならやっぱりピアノなのかな

・ヤマハ楽器店の人が鍵盤は常に同じ位置にないと真ん中のドがわからなくなると言ってたから脚つきかな

・将来、ピアノを習うなら同じ88鍵盤じゃないとな

・掃除しやすく見た目もすっきりなカバー付きがいいな

上記条件から選択。楽天で買いました(笑)。全ての条件を満たしている電子ピアノです。

子どもの頃、ピアノを習っていましたが、ピアノのタッチって何?と思っているほぼ素人な私。

ジュニア科でピアノを専攻しても使えると思っていたのですが、先生や楽器店の人が言うには、どうもそうじゃないようで(汗)。

いや、使うと言い張れば使えるんだと思いますが。

安い電子ピアノを買って後悔しています(泣)

でも、今、この安い電子ピアノを買って後悔しています。。。

なぜなら、小1娘はエレクトーンをやりたい!と言い出してしまったのが大きな理由。ジュニア科に上がる時点で漠然とですがピアノをやらせることにしようと思っていたのですが、娘はエレクトーン!と言い張るし、私自身もピアノに強いこだわりがあるわけでもなく、娘の性格的にもエレクトーン向きのよう。

まあ、例えピアノを選考したとしても、今の電子ピアノではそう遠くない未来にはもっといいピアノじゃないと練習にならない、むしろ生ピアノがいい、とか言いそうなので、どちらにしても買い替えになったと思うのでシカタガナイですかね。

今の私が当時の私に購入楽器をおススメできるのであれば

キーボードで十分だよ、と言いたい。

我が家が目指す最終ゴールを考えると、まずは音楽に慣れ親しみ、弾くことの楽しさを体感することが大事です。レッスンはエレクトーンなので、鍵盤の重さ的にもキーボードで問題無し。

幼児科だけで辞める(個人のピアノ教室も通わない)可能性があり、ジュニア科に進む時にそれなりの楽器を準備しなければいけないのなら、キーボードで十分だと思います。

タッチの強弱もある程度付けられます。やっぱりこれを買えば良かった。当時、迷ったんですよ~。楽しそう。。。

もしもお金を掛けられたら、実際の授業で使うエレクトーン(STAGEA ELB-02)のレンタルをススメます。エレクトーンだと、レッスンで使う教材の音楽データを使って練習ができるんです。楽しくできて、本人も進んで練習したかも!?。

レンタルできるところはこちら。

音レント(ヤマハの関連会社が運営しているので安心ですよ)

レンタルしたけど、やっぱり欲しい!買いたい!と思えば、支払済みレンタル料を充当して購入することができるので、便利なサービスですね。

我が家はピアノにこだわりが無いので、キーボードorエレクトーンレンタルの選択になりますが、ピアノに興味をもって欲しい!と思っているのであれば、自宅の楽器はピアノがいいと思います。幼児科のレッスンがエレクトーンなので、ピアノに触れる機会があった方がよいかと。娘も最初はピアノがいいと言ってたんですけどね~いつの間にやらエレクトーン好きになってました。

ジュニア科ではエレクトーンもピアノも両方習えるコースもあるので、ピアノは絶対に嫌だ!と言わなければピアノを習わすこともできるんですが、我が家はエレクトーン一択でいこうと思っています。

最後に

ヤマハはピアノ教室ではなく「音楽教室」だということを十分に理解していれば、とても有意義で楽しい習い事。親子二人三脚でがんばり、喜びを共有できる習い事です。

最初は私があまり気乗りじゃなかった(私の実父がピアノを習わせてやって、と言ってきた)のですが、ヤマハに通って本当に良かったと心から思っています。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

シェアする

フォローする

コメント

  1. ココナッツ より:

    先日読み聞かせで質問させていただいたココナッツです。
    とても丁寧にご返信くださり、ありがとうございました。
    私自身ピアノを習ったことがないので、ハードルが高かったのですが、
    この記事を読んで、上の子も今更ながらどこか音楽教室的なものに
    通わせてみようかな~と思いました。とても参考になりました。
    フルタイム勤務だったので余裕がなく、見て見ぬふりをしていた習い事問題ですが
    せっかくの育児休暇なので、娘にこれまで以上に向き合ってみようと思っています。

    これからも楽しみにしております!

    • はづき より:

      ココナッツ様
      コメントありがとうございます!またまた嬉しい限りです(*^^*)。
      フルタイムだと平日の習い事は厳しいですよね。
      土日もたまった家事や普段できない用事を片付けないといけないですし。
      ヤマハ幼児科はレッスンに親が同伴なので、それが負担になると厳しいですが、
      子どもとコミュニケーションがたくさん取れ、やっていて達成感があります。
      ちなみに、下の子同伴もOKなので、二人同時に音楽に触れられる機会になりますよ!
      うちは下の息子が暴れん坊で授業のじゃまになる為、連れて行くのをギブアップしてしまいました。。。
      興味を持った習い事で体験教室があれば、参加してみるといいかもしれませんね。
      育休エンジョイしてください♪
      また、遊びに来ていただけたら嬉しいです(*^^*)。