【小1娘】通わせるつもりがまったく無かった習い事を始めた理由

シェアする

こんにちは。時短派遣ワーママのはづきです。

更新が開いてしまい、新年になり初めての投稿です(汗)。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

新年の抱負や目標を記録しておきたいところですが、ここ最近、それどころではなく汗。何があったかというと、年初の為替(かわせ)大変動に右往左往しておりまして。私がやっている資産運用の中で外貨投資がけっこうな割合を占めており、為替が動くとかなり影響を受ける為、その対応にあたふたしておりました(^^;)。

目標についてはゆっくり考えて、また別記事で書きたいと思います。

今日は、小1娘の習い事について。

題名の通り、通うつもりの無かった習い事を1つ、年明けからスタート。

セントラルスポーツクラブのキッズ体操教室に通うことにしました

今更かな~とは思ったのですが、体操教室に通うことにしました。

通おう!と思わされた、背中をぐぐっと押される出来事がありまして。

体操教室の内容と体験した娘の様子

娘が通うことにした体操教室は、セントラルスポーツクラブが運営している体育スクール。冬休み中に2日間の短期体操教室が開催されていました。平日の習い事はこれ以上増やせないし、土日は旦那の意向で習い事を入れられないし、短期教室だけで終わりにするつもりで申し込みをしました。

体操教室は小1から小6までが同じクラス。見学していると、ストレッチ・準備運動の段階から、運動に詳しくない私でもわかるくらい、色々な角度から体を刺激する動きをしています。腹筋や背筋もあったりで、けっこうハード。マット運動や鉄棒、跳び箱の練習中も常に動いている感じ。すごい運動量ですが、小1娘、まあまあついていけています。

小1娘の運動能力スペックをいいますと、運動神経はごく普通。体が小さいので身軽。走るのは速くない。体が柔らかいのがいいところ。動くことが好きなタイプです。

時間帯が遅いこともあり、クラスには娘を含め3人しかいませんでした。一人は小1の男の子。通常の体操教室にも通っている子だそうで、さすが、壁倒立や側転もなかなか上手でした。もう一人は小3の女の子。体験として参加しているようで、運動が苦手という感じではなさそうです。

見ていると、小1娘、小3の女の子についていけるくらいのことは出来ている。おお、イガイ!。いい感じよ。

習い事にするつもりが無かった、体操教室に通う決断をした理由

見学に来ていた小1男の子のお母さんとお話するチャンスがあり、体操教室に通うことについて聞いたところ、「小1から小6までの子がいるので、自分より学年が上の子よりも出来ることがあったらすごく自信になるみたいですよ」と言ってたんですね。

でも、通うのは難しいかな~なんて思っていたら、小1娘が習いたい!!と。楽しいし、色々出来るのが嬉しい、とのこと。うむむ。どうしよう。

小1娘、自分に自信がなくてうじうじすることが多いです。お話も上手ではないので、お友達に気持ちを伝えることも苦手。勉強も出来る方ではない。自信を持ってほしい!と常々思っていたので、「できる!やれる!」を体験できそうな体操教室、、、いいかもしれない。

通い始めたその後

まだ、1回しか通っていないのですが、その回の見学していると娘のやる気満々が伝わってきました。準備運動では人一倍張り切っていて、通い慣れた子がちょっとだらけてしまう中、一番といっていいくらいキビキビ(笑)。

マット運動や鉄棒の練習に入ると、技術的な面ではまだまだでしたが、娘なりに先生の説明を一生懸命聞き、取り組んでいました。

教室が終わった後、「どうだった?」と聞くと、「だいたいのことは出来た」と。ぐっと力の入った目をして答えたのです。小1娘が普段、自分から「できた」と言うことはほとんどないので本当にびっくり。ああ、この子の自信につながっているんだな、迷ったけど習わせて本当に良かった、と心から思いました。

習い事の醍醐味、得意をやることで自信が持てる

得意なことを伸ばし、これだけは人一倍できるよ!と思える習い事は、自分に自信を持てる貴重な場ですね。

自信を持つことで、苦手なことにもチャレンジする勇気を、困難を乗り越える力を育てたい。

そのうち、体操教室の中でもつまずくことが出てくると思いますが、諦めずに突き進んでいって欲しいと思います。

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

シェアする

フォローする