【小学2年生】家庭学習の方向性と今年やりたい学習教材ドリル

シェアする

こんにちは。時短派遣ワーママのはづきと申します。

とうとう新年度が始まりましたね。

上の娘は小学校2年生になりました。子どももドキドキしていますが、親もどきどきハラハラ。

生活面や友達関係も気がかりですが、学習面も気が抜けません。学校の勉強にしっかりついていけるように、サポートしていこうと思います。

学校の授業が楽しく受けられるように、「わかる!」「知ってる!」を増やし、成功体験をたくさん積ませてあげたい。そして、自信を持ってほしい。そう願うばかりです。

(欲を言えば、今は中のやや下くらいの成績(たぶん)なので、できれば中のちょっと上くらいを目指したい。。。)




小2勉強のポイントは、やはり国語力!

全ての学習の土台である国語力、基盤となる国語力を身に着けていくことを最大のミッションと考えています。

勉強は積み上げなので、低学年のうちに土台作りをしっかりとつくりたい。その為に、日常生活でできることもたくさんあるけれど、良質な教材を使うことも大事ですよね。限りある時間なので、質の高いドリルをやっていきたいと思います。

1年生の時より2倍学習量が増える漢字にくらいつき、まだまだ習熟があやしいカタカナをがっつり抑え、語彙力・読解力を高めていくことが目標。

小2算数の重要ポイントは、いわずもがなの九九(くく)&ダークホースの単位換算

九九は2年生算数の山場と言われるので、しっかりと抑えていきたい。掛け算の概念は理解した上で、暗記もしっかりと、ですね。

あとは、ℓ、㎗、㎖などの単位換算が難易度高めで、かつ、つまづきやすいようです。

確かに、難しい。

小2娘の理解度をしっかりチェックしていきたいですね。

そして、基本的な計算力もおろそかにできないところです。

小2では、予習にもっと力を入れていきたい

小1前半は苦手分野の克服に時間をとられ、予習なんてできなかったですが、後半からはスマイルゼミを使って少しづつできるようになってきました。

予習をすることで、ある程度理解した状態で学校の授業に臨めます。そうすると、「わかる!」「できる!」となり、積極的に授業に参加できる。

小2娘は勉強に苦手意識がありますが、先生から「最初のころに比べると授業に積極的に参加するようになりましたよ」と言っていただけるようになりました。

もっと自分に自信を持ってほしいので、予習を計画的にやっていきたいと思います。

予習教材について

スマイルゼミは新しい単元に入ると、タブレット教材のメリットである音声や動画を使ってわかりやすく解説がはいるので、予習におススメの教材です。

国語

・【読解】教科書の音読、スマイルゼミ

音読は国語力を高める学習方法です

・【漢字、他】スマイルゼミ

→スマイルゼミの漢字学習は、書き順や正しいか、キレイな文字か、まで自動採点してくれます。月の教材が配信されたら一番最初に取り組みたいですね。

算数

・スマイルゼミ

→算数におていも、音声や動画での解説がわかりやすいので予習向きの教材といえます。学校の授業前に取り組むようにスケジュールしていきます。

復習教材

国語

・【読解】教科書ワークorピッタリテスト

読解問題はドリル等で記述解答をする勉強が必要。教科書準拠の教材を使っていきます。どちらの教材にするかは悩み中。。。

・【漢字】スマイルゼミ

→1年生の漢字学習を乗り越えられたのもスマイルゼミのおかげと思っています。

算数

・はなまるリトル算数

難易度がやや高めのドリルですが、教科書準拠なのでとても使いやすいです。予習&学校の授業でだいだい身に付いた知識を確認し、さらに深める復習をしていきたい。

プラスα教材(1年生のやり残し)

1年生でやり残したドリルをまずは完成させたいです。目安は4月中。

国語

・出口式はじめての論理国語〈小1レベル〉
・くもんの小学ドリルシリーズ「1年生の文しょうの読解」

→1年生のドリルですが、手こずっています。。。

最後の方の少し長めの長文に拒否反応。途中、落書きをしたり、なかなか進みません。スモールステップで少しづつ長くなっているのですが。ここが踏ん張り時ですかね。やはり、読解問題は毎日のようにやった方がいいかも。

・くもんの小学ドリルシリーズ「1年生の文しょうのかきかた」
・たったこれだけプリント(1年生)

→1年生の学習内容が64ページで完結にまとめられている教材。春休みにやろうと思ったのですができなかったので、2年生に持ち越しです。

算数

・たったこれだけプリント(1年生)

プラスα教材

追加でやりたい教材もたくさんあります(汗)

スポンサーリンク

国語

・論理エンジン「読解作文トレーニング」or出口汪の日本語論理トレーニング

→出口先生の教材で国語力の基盤をつくっていきたいと考えています。詳細は今後決めていきます。

・スマイルゼミの漢検ドリル

→漢字検定対策ができます。

・漢字ドリル「徹底反復・漢字」

→夏休みなど、長期休みに活用したいですね。

新しめのドリルなので口コミが少ないですが、学習ブログ界隈ではクオリティの高さ故にざわついたくらい逸品のドリル。さすがの陰山先生。

特別支援教育「すぐに使える!プリント+ビデオクリップ」

カタカナの特殊音節(伸ばす音やキャ・キュ・キョ等)の語彙を正しく書けるように練習します。ひらがな学習でもこの無料プリントは大活躍しました。

特殊音節が大の苦手だった娘を克服することに成功したのは、この無料プリントのおかげです。

国語が苦手な小1娘は学校テストも四苦八苦 国語力が低い娘にとって、特殊音節は難易度が高いことばです。 特殊音節とは、小さい「っ」の詰まる...

・くもんの小学ドリルシリーズ「2年生の言葉と文のきまり」

・くもんの小学ドリルシリーズ「2年生の文しょうの読解」

・ くもんの小学ドリルシリーズ「2年生の文しょうのかきかた」

くもんシリーズはスモールステップで取り組めるところがいいですね。「かんたんじゃん♪」からスタートすれば、子どもの拒否反応も出にくいです。

算数

算数の文章題が苦手です。文章を読んではいるのですが、理解ができないよう。文字の字面だけををただ読んでるだけなんですよね。

文章題が苦手な場合国語力の不足もありますが、それだけではない。

文章題を解くには、文章に書かれていることをイメージできないと解けません。それができていないんですよね。そこを鍛える必要がありそうです。

色々さがしていたら、良さそうなドリルを発見!

「絵にかけば算数はできちゃうのだ」の巻だそうです。うわ、どんぴしゃじゃない?本屋さんんで中身みてみよう。

・サイパーシリーズ どっかいざん2

→サイパーシリーズは良問がたくさん。このどっかいざん2は文章問題を解く力がつきます。小2娘の文章問題力がついてきたと感じたら、ぜひ取り組みたい~。

・天才脳ドリル 仮説思考 (初級~)

→小2娘がやる場合、問題文の解説をしながらになりそうですが、それでも取り組ませたいと思うくらい算数センスが鍛えられるドリルです。

まとめ

2年生では、

学校の勉強は「必ず予習→授業で復習」の流れにしていきたいです。

ある程度理解した状態で臨めば、授業中に挙手したりして、積極的に参加でき、楽しい時間になってくれるんじゃないかな。そして、自分にも自信が持てるようになるんじゃないかな。

そう、願うばかりです。

その為に、スマイルゼミは欠かせない存在。スマイルゼミ無くしては成り立たないです。

国語は全ての基本なので、しっかりとした国語力を身に着けるべく地道にやっていきたいですね。読解問題はやはり量(経験)が必要。

算数は、文章問題の苦手をある程度克服したいです。また、得意な部分も伸ばせるように取り組みも工夫したいところ。

以上です!!

親子二人三脚でがんばるぞ~

読んでいただきありがとうございました(*^^*)

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 小学生の家庭学習へ
小学生の家庭学習

スポンサーリンク

シェアする

フォローする