お月見のレシピを簡単に デザートも 由来を伝えて子どもと楽しもう

9月は「お月見」がありますね。

忙しくてバタバタな日々でも、季節行事はできるだけやりたいな、と考えているママさんへ。

手間暇かけずに、「簡単」をモットーに。

子どもと一緒にお月見を楽しむ方法、考えてみました。

スポンサーリンク




お月見のレシピを簡単に!

お月見といえば月見団子ですが、食事のメニューでもお月見らしさを演出してみましょう。
といっても手の込んだ料理は不要!
話のきっかけになれば良いんですから、簡単なもので十分です。

おススメは月見うどん
卵はゆでて横半分に切ったものを乗せましょう。黄色い満月を演出。
ピンクのかまぼこをウサギの形に切ればもう完璧です!。
あとは、乾燥ワカメや冷凍食品のほうれん草、レンチンしたニンジンなどの茹で野菜を乗せせれば栄養満点~。

こちらのレシピを参考にしました。
エイチエ お月見行事食

オムレツもいいですね。


丸い形のスパニッシュオムレツでお月様をイメージしましょう。
中身は冷蔵庫の残り野菜とベーコンやソーセージを刻んで。キノコ類も合います。
お月見の食材といえば、里芋やさつまいものイモ類なので、じゃがいもを入れてもいいですね。

時短したい場合は、ミックスベジタブルがおススメ。
冷凍食品のほうれん草やコーン、大豆に水煮も、包丁を使わずに投入できる食材です。
ケチャップでウサギの顔を書けば出来上がり~。
野菜たっぷり、メインのおかずになりますよ。

苦手な食材も、刻んで卵でとじてケチャップをかければ食べられるよ!という子は多いので試してみてくださいね。

お月見のデザートも簡単に!

デザートがあると、イベント感がアップするので用意できばなお良し、です。

月見団子を手作りするのは、平日夜にはハードルが高いですよね。材料はシンプルですが、こねるのに時間がかかるし作り置きができないし。

そんな時は便利商品を使いましょう。

水を加えてこねる手間がなくなります。適当な大きさにして茹でるだけで出来立てが食べられる~。

解凍するだけでOK!の白玉

こちらは、国内産もち米100%使用で安心。

我が家の長女はお団子が苦手なので、他のものを捜したところ、お月見ミルクゼリーが良さそう。
混ぜて冷やすだけなのが嬉しいです。お団子がのどに詰まらないか心配な月齢の子どもにもいいですね。

レシピはこちら

混ぜて冷やすだけ! お月見ミルクゼリーの作り方

また、手作りしなくても、月見団子は色々なお店で買う事ができます。
スーパー、コンビニ、和菓子屋さん、などなど。

東京、神奈川にお住まいの方向け情報ですが、例年、亀谷万年堂の直営店舗では月見団子を販売しています。
2018年にはこんな感じで売られてしていました。

出典:亀谷万年堂公式HP

お団子を飾る台(三方)とススキが特典としてあったので、より本格的に楽しめるのでいいですよね。
駅前にお店を構えていることが多いので、仕事帰りにさっと立ち寄れるのが嬉しい。
売り切れが心配なので、事前予約がおススメです。

亀谷万年堂の直営店舗一覧

スポンサーリンク

お月見の由来を簡単に伝えよう

お月見の由来には幾つかの説が存在していて、それらが一つになって現代のお月見のスタイルが成立したというのが実情のようです。

ざっくりまとめると、月が1年の間で一番きれいなこの時期に、稲の豊作祈願を込めてお供えをする季節行事、と認識してた上で子どもたちにもお話してみてください。

子どもにお月見の由来を伝える時には下記を参考に。

◆お月見ってなに?

~ポイント~
・お団子やススキを飾り、きれいな月を見ながら食べ物に感謝すること
・月が一年で一番キレイに見える日がお月見をする日

◆なんでお団子を飾るの?

~ポイント~
・月と同じ、まんまるの形だから
・米(穀類)からできている食べ物だから
・食べ物を飾って月に感謝をしよう

◆なぜススキを飾るの?

~ポイント~
・主食である米(穀類)の稲穂に似ているから(この時期は稲穂が手に入らない)

◆お月様にうさぎがいるの?

~ポイント~
・うさぎが2匹、お餅をついている姿の影がある(月の表面にある影のような模様)

まとめ

2019年の十五夜は9月13日の金曜日です。

平日の夕方以降、空を見上げる余裕は無し!というのが実情だと思います(汗)。

が、お月見をきっかけに。夜空を見上げてみませんか。

まん丸くて明るい、一年で一番美しい満月。

夜空に浮かぶ神秘的な姿を見て、子どもがどんなことを言うのか楽しみですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする