無料 子供とお出かけ すずかけサイエンスデイ東京工業大学

こんにちは。時短派遣ワーママのはづきと申します。

大学祭や大学イベントは、大学生が華やかに楽しむモノと思っていましたが、イガイや意外、こどもが楽しめる行事内容が多いんです。

研究室の研究内容に興味を持ってもらうことで、未来の生徒を確保する意図があるんでしょうか。

ということで、行ってきました!すずかけサイエンスデイ2019@東京工業大学~。

スポンサーリンク




すずかけサイエンスデイ2019@東京工業大学とは

期間:2019年5月11(土)、12(日)

時間:10:00~16:00

場所:東京工業大学 すずかけ台キャンパス 東急田園都市線「すずかけ台駅」徒歩5分

すずかけサイエンスデイの中心は、研究室公開。といっても、小難しい話ばかりではなく、教員の先生や学生が研究内容をわかりやすく説明してくれます。学生さんも気さくに話かけてくれ、子ども達も楽しそうにお話していました。

また、子ども向けの実験教室も行われ、4歳の年中息子でも楽しめる内容もチラホラとですがありました。

小中学生対象ということもあって、小学校3,4年以上からがめいいっぱい楽しめるかもしれません。

パンフレットには、子供向けイベントにランドセルマークがついていました。52個の研究室のうち25か所が子ども向けのよう。このマークを頼りに回りました。

回った研究室の一部を紹介

光るせっけん

こんな感じで、ひらがなで案内が書いてありました。

子供でもわかるように、なるべくビジュアル化した資料。大人でも聞いていてわかりやすく、面白い!

光るせっけんの原理を説明してもらいましたが、年中息子はちんぷんかんぷん、小2娘もあまり理解はできなかったようです(^^;)。説明はとても分かりやすかったのですが、やはりもう少し大きくならないと難しいかな?

年中息子は飽きてよそ見(汗)、小2娘は一生懸命聞いてました。

色が変わること光ることを面白がったり、クイズを楽しんだり、実験用メガネをかけることでキャッキャしたり。そんな楽しみ方で今は十分かな~と思います。

ビスマスの結晶をつくる

ビスマスってどっかで聞いたことあるな~なんて思ったら、スマイルゼミの「カード」にありました!虹色に輝き、形も特徴的な結晶。

このカードというのは、スマイルゼミの問題を1問やったらその都度もらえる収集カード。子どもはたいてい集めることが好きなので、喜びますね。他にも楽器、動物、深海魚、コインなどなど。

過去に参加した色々なイベントでも、カードと関連づくことが結構多く、体験学習にとっても役立っています。

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

小2娘も「スマイルゼミで見たヤツだ!」と食いつきが良かったですね。

こんな雰囲気で、学生さんが実験の説明をしてくださいました。易しい言葉を使っていたので、とてもわかりやすかったです。

専門的な話を子どもに伝えるのは容易ではない、とても難しいこと。それが出来る東工大生はやっぱり賢いなあ。

我が子たち、キラキラ綺麗なビスマスを見れてごきげん♪

実験で作ったビスマスを少し分けてもらいました。(注:もらったのは、写真で持っているモノではありません^^;。)

鉛筆がダイヤモンドに!?

鉛筆の芯はダイヤモンドと同じ炭素。作ることができるよ、という説明を聞きつつ、作ったダイヤモンドや作る機械を見せてもらいました。ダイヤモンドって人口で作れるらしいですよ。

小2娘はさすが女子、キラキラ綺麗なダイヤモンドに興味津々でした。年中息子もなぜか?真剣に話を聞いてました。

がっちりマンデーで、人口ダイヤモンドのことが放送されたこともあり、大盛況です~と研究室のお兄さんは嬉しそうだったのが印象的でした。

その他のイベント

「くらりか」という事前申込制イベントもありました

東工大卒業生による事前申し込みが必要なイベントもありました。「ペットボトル顕微鏡」や「化学ペン」が作れるとのこと。対象が小学校2年生から中学3年生まで。

題材が珍しいので、楽しく参加できそう。

我が家は年少息子が参加できない為、断念しました。

スタンプラリー

キャンパス内11か所に配置されているうち、各地区1か所以上、かつ、全部で5個以上スタンプが集められたら抽選会に参加できました。

キャンパスが広いので、4地区全部に回るのはけっこう時間がかかります。

我が家も積極的に集めました!。が、研究室を夢中で回っていたら締め切りの15時をいつの間にか過ぎていて参加できず。残念。

抽選で当たれば文房具がもらえたようです。

スポンサーリンク

食事について

大学祭は食堂が閉まることが多いですが、今回のイベントでは開いていました!。

メニューはこんな感じ。ハンバーグが特に安かったですね。他にもお蕎麦やラーメンも300円台で食べられました。

お昼時真っただ中。大盛況でしたが、座れないというほどではなく、すぐに空いているテーブルを見つけることができました。給茶設備や電子レンジ、電気ポットも有り。

模擬店もありましたが、全部で6店舗程度。食事できるものはフランクフルトくらいでした。きき酒セットなんかも有り。

食事できるようなフリースペースは特に設けられていませんでした。みなさん、ほとんど食堂を利用している雰囲気でしたね。

でも、土地は広大でキレイだし、ベンチもたくさんあったので外で食事しても気持ちよさそう。

右側のガラス張りの建物が食堂です

建物内には談話室があり、飲食OKだったので、屋内が良い人はそこでもいいですね。

生協の売店ではパン、お弁当、飲み物、お菓子、アイスも売ってました。

赤ちゃん向け設備について

授乳室やオムツ替えスペースは、残念ながら設けてありませんでした。

食堂に電気ポットがあったので、ミルクは作れます。また、電子レンジがあったので、離乳食を温めることはできます。

キャンパスが広く混雑もしていないので、ベビーカーが便利。建物が新しいので、バリアフリーの配慮があり、エレベーターも完備されていました。

お土産について

生協では東京工業大学グッズもたくさん販売されていました。

文房具からTシャツ、かばん、マグカップなども。

せんべいやクッキーの食べ物もありました。

まとめ

たくさん面白そうな研究室があったので、1日じゃまわりきれないくらいでした。来年はもっと早くから行こうと思います!

また、来場者がそんなに多くないので、待つこともほとんどないのが良かったですね。

キャンパスは広く自然がいっぱいなので、子どもが飽きても、そのへんを走り回ってあそんだり、咲いている花や虫を観察したりもできました。

おススメ度(総合評価):★★★★☆

赤ちゃん向け施設が足りて無かったので、-1としました。

イベント内容としては子どもも楽しめるし、大人も満足!おススメです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする