ヤマハジュニア総合コース グループレッスンの宿題が多くて大変!

この5月から、ヤマハジュニア総合コースに通い始め、1カ月が経ちました。個人は月1回にしたので、1度だけ個人レッスンも経験済。

幼児科から持ち上がりのクラスではなく、新しいお友達、新しい先生でのスタートです。幼児科のクラスは人数不足で解散となってしまった為(^^;)。最後はたった二人でした。人数が少ないと寂しいな、と思っていましたが今思うと恵まれた環境だったかも?。

先生も一人一人しっかり見てくださったし、時々、もう一人がお休みだった時にはマンツーマンの60分個人レッスンでした。

そのおかげで、娘の練習についての相談を授業中にしたり、手の形のアドバイスを丁寧に受けたりできたんだな~と今になって思います。

ジュニア総合コースに通うようになって、幼児科時代とガラっと色々変わりました。先生が変わったの事も影響あるかもしれませんが、違いに焦っています(汗)。

教室によって違いはあると思うので全てに当てはまる話ではないですが、我が子の場合、ということでお話しますね。

一番面食らっているのは、とにかく「宿題が多い!」。いや~びっくりです。

スポンサーリンク




ヤマハ幼児科とジュニア科との違い 総合コースグループレッスン編 宿題について

まずは、ジュニア科総合コースで使う教材を紹介します。

ジュニア:グループレッスンで使う楽譜本

エレクトーン:個人レッスンで使う楽譜本(小2娘はエレクトーン専攻。ピアノ専攻の場合は「ピアノ」という教材になります)

ミュージックドリル:幼児科でいうホームワークにあたるもので、書く宿題になる教材

れっすんのーと:子ども用連絡帳。宿題を記入したり、練習した日やレッスンの日を記録できる

宿題 演奏部門

グループレッスン3回目後の宿題で、練習してきてくださいと言われている曲が以下6曲。

プライマリー④より:ジプシーの踊り

プライマリー④より:たからさがし

ジュニアより:ジプシーの踊り

ジュニアより:ことりのけっこんしき

ジュニアより:SL

ピアノより:ききゅうにのってしゅっぱつだ

プライマリー④の2曲は今でも弾いています。

ジプシーの踊りは幼児科の最後の方で習う曲で、最後までしっかり弾けるようにならずに終わってしまいました。なので、幼児科後、総合コースの練習が始まるまでの間に、家で弾けるように練習。

ジュニアの本に載っているので、これはしっかりできるようにしといた方がいいかも?と思ったので。弾けるようにしといて大正解!。膨大な練習量の中、ちょーっとだけ余裕を持てています。

「ピアノ」という教本は、個人レッスンで使う用の教材ですが、うちのクラスは個人の先生とグループの先生が全員同じだからか、グループの時にでも「ピアノ」の教材にある曲を何曲か弾くそうです。

しかし、我が娘は個人レッスンをエレクトーンを選択した為、「ピアノ」の教本は持っていません。なので、楽譜をコピーをしてくださいました。

CDはさすがにコピーはできないので「なし」。CDが無いので、ドレミでしっかり歌う必要があります。今後、レッスンに支障が出てきたらピアノの教本購入を考えないといけないかも。

ピアノとエレクトーンでは共通の曲も何曲かありますが、違う曲もありました。曲数はエレクトーンの方が少ない?と思います。(たぶんデス。ちらっと見せてもらただけなので確かな情報じゃなくてスミマセン(汗)。)

ピアノの曲も覚えて、エレクトーンの曲も覚えて、グループの曲ももちろん覚えて、ひえ~大変~うぎゃ~。

幼児科の時、弾く宿題曲はせいぜい2~3曲だったので、これだけでも負担が。。。曲の難易度も上がっているし、練習時間を増やさないと対応ができなくなりました。

スポンサーリンク

宿題 聴く&歌う部門(CD)

ジュニアより:マイフレンド

ジュニアより:おはよう(今後、「弾く」になる曲)

その他、弾く宿題になっている曲は、聴く&ドレミで歌うことは必須。全部で8曲が聴く&歌うの対象になっている、ということですね。

CDを聴く時間がなかなか持てません。幼児科のころ、ほとんど流してなかった(恥)ので、いつ聴けばいいのかわからず。

ごはん中にかけていると、曲が気になって食べるのが進まなくなるし、勉強中ももちろん無理だし、遊んでるときはテレビかYouTubeが多いので流せない。みなさん、いつ聴いてるんだろう。。。

もう、入浴中しかないのかも。お風呂で音楽が聴ける機材、旦那が持ってたな。これだ。これを使おう~。

宿題 書く部門

ミュージックドリル:見開き1ページ

宿題をれっすんのーとに書き写す

ミュージックドリルは、幼児科でいうホームワークのようなものです。
ホームワークに比べて1ページあたりの量は増えますが、今のところそこまで難しい内容ではありません。ちょーっと専門的になってきた、かな?くらいです。

問題は、れっすんのーとへの書き写し。
れっすんノートとは、連絡帳のようなもの。幼児科では、授業でやったことや宿題などを親が書き留めていますよね。その時に記入していた小さな手帳(プライマリーノート)の代わりになるものです。
授業中にれっすんのーとを書く時間はとても持てないので、れっすんのーとに書く内容を記載しているプリントを授業で受け取り、自宅で書き写すんです。

弾く、聴く&歌う、書く、の内容を全て書きます。他に、練習した日にシール貼ったり、レッスンがあった日付を書いてシール貼ったりの作業があり。全部やるのに20分くらいかかっていますね。

我が子は小2なので書くこともだいぶ慣れているのでまだマシですが、他のメンバーは小1か年長さん。もっと大変だろうな。。。

まとめ

宿題のボリュームにびっくり、という内容だけで長くなってしまいました。予想していなかったこともたくさんあったのでアタフタしていますが、慣れてくればなんとかなるのかな。

長女は自分からは一切やらないので、私が大変。。。進んで練習するようになる日はくるのだろうか。

レッスンの内容の違いなどはまた別記事に書きますね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました(^^♪。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする